新型コロナウイルス感染症と新たなリクルートの課題 コロナウイルスによるパンデミック時にどう採用を適応すべきか

人類の最新の世界的な課題を取り巻く恐怖と、不確実性にも関わらず、世界中の経済はまだ持ちこたえており、私たちの社会はほぼ正常に機能しています。

しかし、新型コロナウイルス感染症が、大流行から本格的な世界的大流行へと移行したことで、一般の人々は自宅に閉じこもり、企業や社会に支障をきたすようになりました。

雇用率(2019年末に歴史的な高水準を記録した)は低下しており、多くの企業は状況が改善するまで、採用プロセスを停止することを検討しています。

採用や雇用をパニックに陥らせたり、失敗したベンチャーだと決めつけるのではなく、雇用主は自社のオフィスや従業員が、新型コロナウイルス感染症の脅威から安全であることを確認する方法を検討すべきです。

雇用者と求職者が考慮すべき3つのポイントがあります。

1- コロナウイルスの脅威があるからといって、誰も採用していないわけではありませんし、候補者が積極的に就職先を探していないわけでもありません。

2- 職場の人々を準備し、保護するための手段があります。

3- あなたの仕事と採用フローを簡単にデジタル化することができます。

採用をデジタル化する

世界的な大流行は、躊躇するには十分な理由になります。しかし、脅威がどのように広がっていくのか、どのようにしてウイルスに感染するのかを理解することで、採用プロセスの準備を整えることができます。

候補者をオンラインで調整する可能性が存在します。ソーシャルメディア、オンライン求人ポータル、高度なATS、または採用ソフトウェアを使用しているかどうかに関わらず、このプロセスのこの段階を変える必要はありません。候補者との接触は、電話やメール以外にはほとんどありません。

面接

デジタルでの面接は、このような状況では絶対的な勝利です。自分自身、従業員、応募者を守るだけでなく、見込み客にも柔軟性を与えることができます。

候補者に個人的に、あるいは身近な環境から遠隔地での面接を求めることは、一般的によく知られているコンセプトです。実際、新型コロナウイルス感染症のような状況では、デジタルでの面接が可能ということだけで、求職者はあなたのもとで働きたいと思うようになるでしょう。

候補者

面接の段階を超えて、候補者との接触がデジタルの世界からクロスオーバーする可能性があります。この時点で、雇用主は候補者の入社初日に、新型コロナウイルス感染症に乗っ取られるのではないかと心配になるでしょう。

しかし、面接での質問が解決策になるかもしれません。過去数週間に感染多発地域に旅行したことの有無、症状は出ているのかどうかなどを質問するようにしましょう。型にはまった質問ではありませんが、コロナウイルスが世界中で感染していることを考えると、これらの質問は必要不可欠です。

ですが、人材紹介会社の場合は状況が異なります。膨大な候補者データベースを管理しているため、どの候補者が最近旅行に行ったのか、どの候補者が隔離されたのか、あるいは隔離されていないのか等を追跡するのは、困難になることが予想されます。

そのような機関では、申請者追跡システムの活用を検討する必要があります。候補者の症状を追跡する決定的な方法はありませんが、ManatalのATSでは、ユーザーがカスタマイズ可能なフィールドやタグを、候補者のプロフィールに追加することができます。これは、先に述べた質問への回答があれば、面接の際に活用することができます。

モデル

オフィス環境での従業員のモチベーションの上げ方は、生産性を維持するための重要な要素です。これは単純な心理学的事実であり、私共が同僚と同様の特徴を採用し表示しているのは、単純な心理的事実です。これが、雇用主がリモートワークモデルを敬遠する主な理由でしょう。

一方で、新型コロナウイルス感染症が流行の真っ只中に採用する場合は、新入社員にも現在の従業員にも、このモデルを採用することは理にかなっているかもしれません。実際、流行がどのように不穏なものであるかを考えると、状況が落ち着くまで、候補者や従業員にリモートワークを提供することを検討することができます。

いずれにしても、このモデルは現在の危機的な状況下でも、貴社の業務を維持するための完全且つ有効なオプションです。候補者のリモートワーク期間中のパフォーマンスを追跡し、評価するのに役立つ新人研修機能を備えたATSを、検討されてみてはいかがでしょうか。

素質のギャップ

素質のギャップはここ数年、世界的な課題となっています。雇用主はこの問題に最善の方法で対処してきましたが、まだそのポジションの知識や、スキルを持っていない候補者を雇用したり、トレーニングを行ったりしてきました。

この解決策自体は、これらの候補者をスピードアップさせるためには、かなり多くの時間と労力を必要とするにも関わらず、その解決策自体は立派なものです。パンデミックの影響で、適切な人材を探すのは少し難しくなるかもしれませんが、グローバル人材の採用を検討するチャンスでもあります。

ほとんどの人は当面の間、旅行を避けることになるでしょうから、必要な人材は世界のどこかで仕事を探しているかもしれません。長距離リモートワークモデルを受け入れることで、常に求めていたチーム、つまり適材適所の人材を構築することができます。

コンピューターが開発され、インターネットが普及したとき、誰もが在宅勤務が最終的な成果になることを予想していました。しかし今では、実際にそうしなければならないであろう時代に突入しています。私たちは、自由に使えて、完全にデジタルな世界を持っています。役割によっては、オフィスにいなくても仕事をすることができるかもしれません。

準備が鍵

雇用主がリモートワークを採用するか、オフィスモデルを維持するかに関わらず、世界的な大流行は、一部の人にとってはそれほど心配なことではないことを覚えておくことが重要です。従業員の福利厚生を維持するために、職場に衛生的な習慣を作りましょう。(手指消毒剤の定期的な使用、握手などの身体的接触を制限する、従業員の身体的健康を意識するなど)。

終わるまで採用のリスクを冒したくないと思っていても、準備することはできます。採用をデジタル化し、バーチャルミーティングを活用し、オンラインでの繋がりを築き、将来の就職に向けて有望な人材との会話を維持しましょう。

新型コロナウイルス感染症によるパンデミックは、いずれ治まるでしょう。それがいつまで続くかはわかりません。しかし、この危機が過ぎ去るまで採用活動を停止する必要は、ないことはわかっています。どちらかと言えば、この流行が終われば、雇用者は候補者を採用し、次の成長段階に備えるための準備時間は、ほとんどなくなるでしょう。

新型コロナウイルス感染症におけるパンデミック時の、Manatalの支援については、こちらをクリックしてください。

Share this article: